広告

ホワイトデーの贈り物🎁

どーもー、ぶいはちです。

3月は世の中のジェントルマンにとって大事なイベントのある月です。

それは、ホワイトデーでーす。

皆様バレンタインのお返しは済みましたか?ちゃんとお返ししないと嫌われちゃいますよ。

と、いう事で今回はぶいはちがお世話になっている方達に贈った手作りスイーツの紹介です。

詳しい作り方は下にまとめておきます。とりあえず画像を見て何を作ってるか当てて見て下さい。

まず最初の画像!

これは、卵白に砂糖を入れてかき混ぜた後の写真です。この後、粉類を入れていきます。

次の写真!

これはバターを温めて溶かしてるところです。ここから茶色になるまで温めます。この間はずーっと焦げ付かないようにかき混ぜています。

このくらいになったらすぐに粗熱をとって生地に混ぜていきます。

混ぜた後の写真。なんとなく分かりますかね?

型に流した後です!ここまできたらもう分かりますよね?答えは「フィナンシェ」です。

ここからオーブンで焼いていきます。

じゃーん!!

それなりに上手く出来たつもりです。相手の方々の評判も上々でした!

勿論りぃこにはたらふく与えました(笑)

作り方

材料

  • 卵白               170g
  • 砂糖               170g
  • アーモンドプードル         70g
  • 小麦粉               70g
  • ベーキングパウダー         5g
  • 無塩バター            160g
  • バニラエッセンス         1~2滴
  • 無塩バター(型に塗る用) 適量

1・型にバターを塗って冷蔵庫へ。

2・ボウルに卵白、砂糖を入れて泡立てない様にかき混ぜていきます。

3・2のボウルにアーモンドプードル、小麦粉、ベーキングパウダーを入れて、かき混ぜます。(粉類はふるいにかけるといいです。ぶいはちは面倒くさくてやりませんでした笑)

4・無塩バターを鍋に入れて溶かします。溶けたら耐熱ゴムベラや泡立て器でひたすらかき混ぜます。弱火でやるのがいいですが時間がかかります。かき混ぜる時はバターが焦げない様に手早く!火を入れて温度が上がるとぶくぶくと泡が出てきます。底が見にくくて分かりにくいです。時々鍋を傾けて底の確認を。泡が無くなるとすぐに色づいていきます。ヘーゼルナッツの様な色に変わったらすぐ火からおろし粗熱を取ります。粗熱をとる時は、水で濡らした布巾などの上に置いて、ジュ〜ッと音がしなくなるまで布巾を当てれば丁度いいくらいの温度になります。冷まし過ぎたら生地と分離してしまいます。

5・3に4を3回くらいに分けて入れていきます。その都度混ぜて下さい。

6・5を型に流して、焼いていきます。オーブンの温度は160°で15分。火が通って無かったら2分づつ焼き足して下さい。

注意点:フィナンシェは焦がしバターが命です。バターを火に入れている時はチャカチャカ忙しいですが、ここが1番のポイントなので集中してやってくださいね。

フィナンシェについて

フィナンシェはフランスのお菓子だそうです。フランス語では「フィナンシエ」という発音になる様です。名前の意味は金融家、お金持ち。フィナンシェ型で焼くと金塊の様に見えるからみたいです。焦がしバターはフランスではブール・ノワゼットというそうです。よく似ているお菓子にマドレーヌがありますが、フィナンシェが卵白のみなのに対しマドレーヌは全卵を使います。

ポイントに気をつければさほど難しくないので、皆様もぜひ作ってみて下さい❗️